妊娠線ができてしまっても大丈夫!【自宅でできる改善法を紹介】

ウエスト

産後もキレイでいたいから

妊婦さん

早めに正しいケアを

妊娠をすると、体にはさまざまな変化があらわれます。そのひとつが、「妊娠線」です。妊娠線とは、赤ちゃんが成長するにつれて、お腹やバスト、お尻などの皮膚が伸びることによって起こるマイナートラブルの一種です。皮膚が割れてしまったり、乾燥したりして、跡が残ってしまうことも多くあります。また、このときに残ってしまった跡は、消えないことが多いともいわれています。そのため、妊娠線には予めしっかりとしたケアが必要なのです。一見、化粧水や乳液、保湿クリームなどで保湿さえ行っていれば大丈夫と思われるかもしれませんが、それだけではケアしきれない場合も多いので、正しい妊娠線ケア方法を覚えておくと安心です。まず、妊娠線というのは、できてしまってからでは遅いことが多いので、「予防」をするということが何よりも大切です。ですから、まだお腹が大きくなる前の妊娠初期からケアをはじめると良いでしょう。また、通常のケア用品とは成分が異なり、肌にやさしいものが多い「妊娠線ケアの専用クリーム」がいくつもありますから、この専用のものを使うと、より効果的に皮膚に負担をかけずにケアを行うことができます。最後に、塗り方の工夫ポイントとして、お風呂あがりなど、体が温まっている状態のときに行うのがおすすめです。こうすることによって、水分の蒸発による肌の乾燥を防ぐことができますし、クリームの伸びも良いので、少量でしっかりとケアを行うことができるのです。