妊娠線ができてしまっても大丈夫!【自宅でできる改善法を紹介】

ウエスト

妊娠した時にできる線

お腹に触れる人

線の予防する方法

お腹が大きくなると波紋状の線である妊娠線が出来てしまいますが、妊娠線が出来てしまうと消えにくく、悩んでいる方も多いです。妊娠線は予防することができるので、出来てしまうメカニズムと予防法について説明していきます。まずメカニズムとしては、お腹が大きくなり、皮膚が大きくなる速さについていけずに線が出来てしまいます。また、妊娠している方は肌の弾力を失わせてしまう作用のあるホルモンの分泌が促進されてしまうため、皮膚が断裂を起こしやすい状態となっています。妊娠線はお腹が大きくなることで皮膚が伸びてしまうので、伸びやすい皮膚に近づけていく必要があります。伸ばしやすい皮膚にするためには、保湿をすることで皮膚の柔軟性が良くなります。保湿する場所としては、皮膚が伸びやすいお腹と胸となります。その他にも太ももやお尻も妊娠線が出来やすいので、それらの部位も保湿を行っていきます。保湿としては、保湿力が高いボディークリームや、ローションを塗って対策をしていきます。妊娠線予防のためのクリームも販売されているので、特に購入する保湿ケア化粧品が決まっていないという場合はそちらを購入して対策を行っていきましょう。体の外側からだけでなく、内側から保湿させるためにも、保湿成分であるコラーゲン、セラミドを多く含む食材を摂取していきます。保湿成分の生成をサポートするビタミン、ミネラルも同時に摂取していきましょう。保湿対策を行う以外にも、皮膚の柔軟性を高めるためにマッサージをするのも効果的な予防法となります。