妊娠線ができてしまっても大丈夫!【自宅でできる改善法を紹介】

ボディ

妊娠した時にできる線

妊娠線は、お腹が大きくなるスピードに皮膚が追いつかずに断裂してできた線の事をいいます。皮膚の断裂を起こさないためには、保湿をすることが重要となります。保湿されたことによって皮膚も伸びやすくなります。ボディークリームやローション、クリームなどを使用して保湿対策を行なっていきましょう。

出産後も綺麗なままで

妊婦

自宅で簡単ケアができる

妊娠した時にお腹や胸、お尻などに出来てしまう妊娠線は、一度出来てしまうと自力で消すことは難しいので、予防を行うことが大切だといわれています。エステなどに通って妊娠線を消すことは、費用や時間がかかってしまうため諦めてしまう人も少なくありません。しかし、妊娠線は自宅で簡単に消すことができるようになりました。それが、妊娠線を消す効果があるクリームを使うという方法です。そもそも妊娠線は赤ちゃんの成長スピードに耐え切れずに、肌の表面の表皮やその下にある真皮が裂けてしまったことが原因で出来てしまいます。そのため、一般的に使っているボディクリームなどでは妊娠線を消す効果は期待できません。裂けてしまった真皮は新しく細胞を作りますが、その細胞が白い色をしているため白く線が残ってしまうことになります。妊娠線を消すためには、裂けて薄くなってしまった表皮をしっかりと再生させることで白く残ってしまった真皮が見えにくくするということになります。妊娠線を消すことができるクリームは、この働きのために肌の再生を促す成分が配合されているものを選ぶことが大切です。葉酸やアラントイン、シラノール誘導体といった成分が皮膚の修復能力に高い効果があることがわかっているため、これらの成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。また、同時に肌をしっかりと保湿して乾燥から守ることも肌の新陳代謝を活性化させるためには大切なポイントとなりますので、保湿成分が配合されているかどうかのチェックも行ってみてください。

レディ

ボディクリームとの違いは

妊娠線を予防するためには、専用の妊娠線予防クリームを使うのがオススメです。市販のボディクリームとは違って、低刺激で高保湿、香りなどにも配慮されている点がメリットと言えるでしょう。後悔する前に、できる限りのケアをしておきましょう。

妊婦さん

産後もキレイでいたいから

妊娠線は、専用のクリームを使い、お風呂上りなど、体が温まっている状態のときに行うとより効果的です。また、妊娠線はできてしまってからでは治りにくいので、妊娠初期の頃からしっかりと、「予防」をすることが大切です。